タウリンの効果的な摂取量

タウリンは肝臓の機能を正常に整えることでさまざま生活習慣病の予防や緩和にはたらきかけることが主な役割ですが、一日に必要な摂取量は最低500ミリグラムほどです。

厚生労働省や食品安全委員会では特に摂取量は決められていませんが、効果を期待したい場合には、3000ミリグラムから6000ミリグラムの摂取がおすすめです。

グラムになおすと3グラムから6グラムです。タウリンを多く摂取するためには、魚介類やイカ、たこなどの軟体動物を食べることがおすすめですが、通常の食事で摂取できる量は、50ミリグラムから300ミリグラムが一般的です。

100グラムあたりに含まれているタウリンの量は、真タコで900ミリグラムから1670ミリグラム、サザエで1500ミリグラム、やりいかで700ミリグラム、ホタテで670ミリグラムから1000ミリグラム、牡蠣で70ミリグラムから1180ミリグラムほどです。

タウリンは、体内でシステインという物質から合成することができる物質でもあるため、基本的には不足する心配はありません。

過剰摂取をしても副作用はでないとされており、一日の上限摂取量も決められていないのが現状です。

自分の体調をみながら、食べ物から取り込むのも良いでしょう。

肝機能をアップさせたい時や疲労がたまっている時、消化器官に病気をわずらっているため、口から食べ物を摂取できないという際には栄養ドリンクやサプリメントで補ってあげることもおすすめです。